東京のクリニックで目頭切開を受けた体験談

腫れぼったい一重の目が嫌で二重の整形を考える

腫れぼったい一重の目が嫌で二重の整形を考える東京の近所のクリニックに相談し目頭切開を決意術後は目元の印象が優しくなり自分に自信が持てるように

中学生くらいから、私は自分の目にコンプレックスを抱えていました。
目が腫れぼったい一重で、初めて会う人にきつい印象を与えてしまうのです。
鏡を見るたびに、なんで二重瞼に生まれなかったのだろうと痛切に感じていました。
高校生くらいの頃になると、アイプチなどで必死に自分で二重瞼を作ったりもしました。
しかし、アイプチを毎日のように繰り返していた所、皮膚がかぶれて痛みを感じるようになってしまったのです。
これをきっかけに、本格的に二重の整形を考えるようになりました。
私が暮らす東京には信頼できる美容クリニックが多くあったので、とりあえず近所にあるクリニックにカウンセリングを受けに行くことにしました。

エイペで目つき矯正と目頭切開やってきた😊

最初は眉下も予定してたけど、手術前のカウセで眉下はいらない!てことになった
たれ目で眠そうな目だからぱちっとしたら嬉しいなー pic.twitter.com/0DmuGVT5e9

— 顎後退マン (@8_jv6) January 22, 2020
先生に二重にしたいと伝えると、目頭切開を勧めてくれました。
これは、目頭を数ミリほど切開して二重にする施術方法だということです。
日本人に多い蒙古ひだを切開するので、二重になるとともに目の横幅を広げることができるので優しい目元に変えることができると言われました。
整形に関して私が最も心配していたのは、施術中の痛みです。
そのことについて詳しく訊いてみると、麻酔を行う際に少し痛みを感じるものの、それ以降は麻酔の影響で痛みを感じることは少ないと教えてくれました。

目頭切開の東京 /